METAMASK(メタマスク)は基本的にはERC(イーサリアム チェーン)なのでBNBを使用するためにはネットワークをBSC(バイナンス スマート チェーン)に変更する必要があります。

なぜなら、この設定をしていない場合、使用されていないアドレスに暗号資産(仮想通貨)を送金することになり、送金先のアドレスが異なることが原因で「資産」を失う可能性があるからです。

暗号資産は様々なネットワークが活用され、コインも多くの種別があり、取引所も数多く存在します。

暗号資産の取引、保管を行うウォレットとしてMETAMASKのスマートフォン版を用いて解説を致します。

基礎的な知識を身に付けて、安全に暗号資産を運用できるように、各画面のスクリーンショットを多めに掲載し、タップする場所の詳細を解説いたします。

BSCのネットワーク追加がちゃんと設定できているか、確認項目まで網羅した解説記事になります。


Binanceについてもっと知りたい方はこちら

BINANCE(バイナンス)とは?

METAMASKの設定がまだの方はこちらをご確認ください。

【初心者必見】METAMASK初期設定

METAMASKのネットワークの変更は「設定」をタップ

ERCからBSCへの変更方法を解説していきます。

ネットワークが「ERC」になっているので変更していきます。

ホーム画面の左上にある三本線をタップ。

設定画面を開きます。

「ネットワークの追加」を選択する

設定画面にあるネットワークを選択します。

「ネットワークの追加」をタップします。

ネットワークを追加するためには、5つの項目の入力が必要となります。必要項目は、「ネットワーク名」「RPC URL」、「チェーンID」、「シンボル」、「ブロックエクスプローラーのURL」です。

BSC(バイナンス スマート チェーン)の追加に必要な情報を入力、保存する

新しいRPCネットワークの必要項目を入力します。

BSCの必要項目はこちらです。

ネットワーク名Smart Chain
RPC URLhttps://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID56
シンボルBNB
ブロックエクスプローラーURLhttps://bscscan.com

項目の入力が完了したら、「追加」をタップします。

「BSC」がネットワークに追加されているかを確認するには

METAMASKのホーム画面が表示されたら、ネットワークを変更します。

「Smart Chain」を選択します。

ウォレットのネットワークが「Smart Chain」に変更されていれば完了です。

METAMASKにトークンを追加して、今すぐ取引開始したい人はこちらの関連記事を是非ご覧ください。

【METAMASK】インストール直後に取引したいトークンが見当たらない場合の対処法

初心者の方は、このネットワークの追加という点をしっかりと抑えて、より良い暗号資産運用をしましょう。ウォレットの設定を、取引希望するに必要なネットワークを設定して、送金、受取を行うことが必要です。イメージとしては、電車の利用をご想像頂ければと思います。

電車の乗り換えや、私鉄とJRの相互乗り入れのようにウォレットのネットワークを切り替えて、設定を追加することで、ウォレットの機能を拡張していきます。

実際にトークンの取引を開始したい方はこちら

METAMASKにある「BNB」でTENSETを買う方法【Pancakeswap版】

ウォレットについての解説は今後もTENSET.FUNで継続して記事をお送りいたします。

過去記事

TENSET.FUN

TENSETの最新情報を

効率よく収集するために

・TENSETの購入方法

・新GEMの情報収集

・次のセール情報は?

「10SET💎FUN」

オープンチャットで最新情報を収集しませんか?

 

TENSET CEO Jonasz氏も参加する大型コミュニティ!無料、匿名で参加可能!

・10SETトークン

・チャート情報

・GEM

・購入方法

最新情報はオープンチャットで簡単に収集できます。

暗号資産に詳しいメンバーが多数いるので、的確なアドバイスで様々な疑問や悩みが解決できます。

登録リンク

【期間限定】OKX取引手数料30%OFF

日頃からTENSET.FUNのご愛読ありがとうございます。


皆様のご登録によって、

OKX登録リファランクがアフェリエイターへと昇格しました。


これを記念して、期間限定にはなりますが、手数料30%OFFの紹介コードを掲載させて頂きます。


次回も皆さんに向けた特別な企画を考えているので、引き続き今後もTENSET.FUNをよろしくお願いします!