【3rdGEM】EVERDOME(エバードーム)

EVERDOME

綺麗な描写、圧倒的な世界観の再現力によるリアリティを追求した超リアル・メタバース「Everdome(エバードーム)」は、2022年を通して、「$DOMEトークンのローンチ」「Genesis NFT」「LAND SALE」と3つの内容が公式発表され、現在、大きな注目を集めています。

Everdome(エバードーム)のトークン上場をサポートしているのがTENSET(10set)です。

本記事では

  • EVERDOMEとは何か?
  • TENSETがサポートするTGLPとは何か?

を徹底解説致します。

EverdomeはETF2.0をはじめとする様々なポートフォリオを構成するTENSET(10set)のトークンを保有するユーザーを対象にTENSET(10set)のTGLPサブスクライバー限定のプレセールを1月24日(月曜日)に優待販売としてプレセールを実施しました。

今年1月24日に行われたEverdomeプレセールでは、DOMEトークン1枚あたり$0.001(日本円で約0.1円)で販売されましたが、3月1日時点に約7円となっており、プレセール価格の約70倍を推移しています。今回は、話題のメタバースEverdomeのローンチイベントの成功に貢献したTENSET(10set)についても解説します。

■EVERDOMEとは?

まずは、Everdomeについての基本的な説明を致します。

「CNME February 2022」Everdome CEOインタビュー
@tahawultechにより、@Everdome_io CEO特別インタビュー記事がツイートされました。インタビュアーを交えて、対談形式での「CNME February 2022」に掲載された記事を本記事にて日本語訳にてお届けい...

●Everdomeの特徴・プロジェクト概要

Everdomeとは、火星を拠点としたドーム状の大型都市が舞台となるメタバース(仮想空間)で、「火星」という環境コンセプトのもと開発されました。

3Dスキャナーなどの最先端技術を利用してるため、非常に美しい映像美に繊細な動きを再現可能にした「超リアル・メタバース」が特徴です。Everdomeの中では友人、知人とコミュニケーションを取ったり、土地の売買、賃貸を通じて商業的な活動を行うことが可能であり、その経済活動においてDOMEトークンが利用されることになるであろうと言われています。

開発チームは、ポーランドのビジネスマンであるRobert Gryn氏(ロバート・グリン)を中心にトレーディングやブロックチェーン技術、仮想通貨などの業界の専門知識を備えたプロ集団です。なかでも、CEOのRobert Gryn氏は、ヨーロッパの大企業である「Codewise」の元CEOでMETAHEROのCEOでもあります。

Everdomeでは、独自トークンである「$DOME」を発行しているほか、仮想空間上の土地を売買・賃貸したり、広告を掲載したり、マーケットプレイスでNFTなどを売買したりすることができるサービスを企画、開発、構築しています。

●「超リアル・メタバース」

Everdomeの最大の特徴は、グラフィックのリアリティの高さが挙げられます。Everdomeの運営には、仮想通貨METAHERO(メタヒーロー・HERO)を発行する「METAHERO」と、3Dスキャナーを専門とする「WDW(Wolf Digital World)」の提携が大々的に発表されており、、両社の技術提携により活用されることで、人間一人を360度まるごとスキャンしてまるで実際の人間が存在するかのような高精度なリアリティを追求したアバターを作成することが可能となると言われています。

Everdomeの開発者であるRobert Gryn氏(ロバート・グリン)は、同時にMETAHEROのCEOも担っているため、Everdomeでは大いに技術力が発揮されると期待されています。

また、200台のSonyA7RIVAカメラで被写体をぐるっと取り囲み撮影します。3Dモデルデータの作成が可能な3Dスキャナーを導入しているほか、3Dゲームエンジン「Unreal Engine(アンリアルエンジン)」を用いているため、生身の人間化のような臨場感のある現実世界と思えるようなグラフィックの再現が可能です。このように、Everdomeは高度な技術を持つことで、他のメタバースプロジェクトの中でもよりリアリティの高い「超リアル・メタバース」として大きな活動をしていくのではないかと期待されています。

Unreal EngineとはPlayStation4やPlayStation5の高グラフィックなゲームを作成する際に利用されることが多いソフトです。アメリカのEpic Gamesが開発したソフトウェアの名称です。

Unreal Engineで作成されたゲームの一例:
The Matrix Awakens
フォートナイト:チャプター3

ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎
ソードアート・オンライン フェイタル・バレット

鉄拳7 FATED RETRIBUTION ROUND2 など

●「Play to earn」エコシステム

Everdomeは「Play to earn」のシステムを採用しています。Play to earnとはゲームをプレイしながらプレイを通じてお金を稼ぐシステムのことを言います。Everdomeでの収益の出し方は主に下記4つです。

  • 保有している土地を売買する
  • 保有している土地や物件を貸して賃貸報酬をもらう
  • 保有しているNFTを売買する。
  • Everdomeステーキング報酬を得る

将来的に、Everdomeには不動産「Dome-estate」が設定されるといわれており、購入や賃貸だけでなく、不動産の宣伝や不動産のための独自のマーケットプレイス作成ができ、デジタル化された不動産ビジネスのための商業的に活動を支援していくような環境も整備されるといわれております。

●ローンチ前のプレセール

TensetのTGLPサブスクライバー限定のプレセールが2022年1月24日(月曜日)に実施されたと前述しましたが、その時の様子、レポートは下記になります。是非、ご覧ください。

【最終決定版】EVERDOMEプレセール徹底解説
1月22日いよいよプレセールが開始されるEVERDOME。今からでも間に合うまとめ、最終決定版をお届けします。大注目を集めるEVERDOME。プレセールを前にメディア、SNS、オープンチャット等、大きな賑わいがあります。...

●ローンチ(上場)後の価格高騰

実際のチャートの動き、気になる収益の部分をまとめた関連記事は下記になります。是非、ご覧ください。

ローンチから1週間!暗号資産を始めたい方必見!今勢いに乗っているEVERDOMEの価格は何倍に?
暗号資産のEVERDOME(エバードーム)が上場してから1週間が経ちました。EVERDOME(エバードーム)はメタバース関連のプロジェクトで、最先端の3Dスキャナーによりユーザーを360°撮影し、リアルなアバターを...

■EverdomeをサポートしているのはTENSET

次にTENSETの解説、EVERDOMEとの関係性をご説明いたします。

●TENSETがDOMEトークンのローンチまで、ローンチ後をサポートしている

TENSET GEM(テンセット ジェム):TGLP(Tenset Gem Launch Platform)
これは、Tenset社が吟味、厳選しているプロジェクトの中でも特に将来性の高い仮想通貨プロジェクトを年に数回リリースするローンチプラットフォームサービスです。TENSETを保有している人は決められた枚数(3000~5000枚など、その都度変わります)を1年間ロックすることで、他のGEMプロジェクトのローンチ前プレセールに参加できる権利を得られます。

これまでには、GEMとしてのローンチは3つのプロジェクトです。

Robert Gryn氏(ロバート・グリン)のMetaHeroや、Everdome、仮想通貨取引所「Kanga Exchange」のプレセールが行われました。Everdomeの際は3000枚の10SETを「Tenset Gem Launch Platform(TGLP)」にロックする「TGLP サブスクライバー」のみがローンチ前のプレセールに参加できました。

●TGLPという上場プラットフォームがCOINGECKOで1位に!

【3月15日】 3分で読めるオプチャまとめ【TENSETがCoin Geckoにてローンチパッド1位に!残りのTGLP参加枠は?】
TENSETが「Coin Gecko」にて時価総額1位のローンチパッドに。TENSETの人気の秘密、価格、購入方法を解説。TGLPの参加方法も解説。トラベルルールについて。解説記事もあります。

日本語訳:

Tensetは、@ coingeckoランクによると、公式に暗号空間でナンバーワンのランチパッドになりました!それは私たちが働くことに完全に動機づけられます!次のプロジェクトが近づいています。しばらくお待ちください。#TGLPロックを再開するための#10セットを準備してください。最後の1900スポットが残っています!

※2022年3月28日現在、TGLPはあと1000枠になります。

まとめ

2022年に入り没入感の高いVR・ARゲームとしてメタバース業界がさらに盛り上がりを見せている中、Everdomeはその精度の高いカメラ技術や、スキャンによるリアリティの高さから特に注目されています。TensetはTENSET GEMのローンチプロジェクト(TGLP:tenset gem launch platform)によりEverdomeを公式に発表しました。

Everdomeのローンチイベントの成功に影響されて、DOMEの上場直後のタイミングで10SETのGEM発表があるとプレセール参加権利を入するために、TENSETトークンを買い求める動きがあり、大きくTENSETトークンが高騰したこともあります。。

Tenset(10SET/テンセット)は仮想通貨データサイトCoingGckoにて、ローンチパッドカテゴリーのナンバーワンにランキングされています。次のGEMも近づいており、TGLPサブスクリプション(残り1000枠:3月28日時点)に参加するために10SETの需要も高まっています。

【3月7日】 3分で読めるオプチャまとめ【METAHERO&EVERDOMEがByBitに上場】
「TENSET.FUN」では公式ニュース、その解説や重要事項などをお届けするまとめ記事を日刊でお送りしています。3月7日の各種オープンチャットから集めた要点まとめをご覧ください。3月7日 オプチャまとめkanga ...
ByBit取引所でEVERDOMEを「USDT」で購入する方法
青汁王子も注目で話題のEVERDOMEの購入方法を完全解説。ByBitでEVERDOMEを「USDT」で購入するがこの記事ですぐわかります。お悩み完全解決「どこの取引所で購入しようか迷っている」「取引所ごとの操作方法が分からない」も解消できる記事

TENSETの最新情報を最も効率よく収集するために

・TENSETってどう買うの?
・青汁王子が言っていたFAME MMAが気になる・・。
・仮想通貨で収益を得たい!
・仮想通貨ってどう始めるの?「初心者」なんです・・・。
・次のセールはいつか知りたい!

LINE「10SET💎FUNオープンチャット」で最新情報を収集しませんか?
心配、悩みはご無用!無料、匿名で参加できるコミュニティに参加しましょう!

10SETトークンについてはもちろん、チャート情報、GEM、買い方などの最新情報はオープンチャットで簡単に収集できます。TENSET CEO JONASZ氏も参加する大型コミュニティです。仮想通貨に詳しいメンバーが多数いるので、的確なアドバイスで様々な疑問や悩みが解消できます。

タイトルとURLをコピーしました