TENSET「デフレ」の徹底解説~初めての方でも安心~

TENSET

■燃焼(burn/バーン)は大きく2種類

・取引の度に手数料が2%かかり、そのうちの1%が燃焼(burn/バーン)

・運営による買戻し(Buyback)、購入したTENSETをTENSET社が自ら燃焼(burn/バーン)

TENSETが「積極的なデフレトークン」という特徴は上記の2つになります。

また、BUYBACKについては下記の3つに詳細が分かれます。

POSシステムバイバックシステムTenset社がKNGトークンをPOSシステムに預けており、毎日POSの報酬を受け取っているためできるシステムです。
POSの報酬で受け取ってKNGをTenset/KNGで毎日バイバックを自動で行う仕組みです。これにより一日中ずっとTensetはカンガ取引所で買われています。
手動バイバックシステムTenset社価格を安定させるために行うシステムです。
市場が不安だったり価格が下がってきた時にTenset社が手動でバイバックを行う仕組みです。これにより価格を安定させる狙いがあります。
オートバイバックシステム金額と期間をを決めて自動で行われるバイバックの仕組みです。現在はカンガ取引所で約1億4000万円分パンケーキスワップで約1億円分のバイバックが自動で行われています。合計2億4000万円。パンケーキスワップでは毎時間1BNBずつバイバックが行われておりこれが2500BNB分続きます。

様々な手法で日々TENSET社によるTENSETトークンの購入が行われ、バーン(燃焼)されています

TENSETの発行上限は2億1000万枚。
2つの燃焼(burn/バーン)機能により、TENSETは最終的に210万枚になるよう設計されています。

■事例を元にburn/バーンを解説します。

TENSET社が「ガチホ」を推奨する点も説明いたします。

トークン価値の変動による利益確定の大前提は大きく2つ。
・「所有枚数」×「単価」=「トークンの資産価値」
・「現在のトークン資産価値」≧「取得時のトークン資産価値」

端的に申し上げると、
「購入取得時よりも価値が上がっているか?」という事です。

投資的な側面から申し上げると、
エアドロップ、POS、ステーキングなどで所有枚数を増やしても、チャート価格の単価が下がってしまうことでトークン資産価値が下がってしまうということになります。

言い換えれば、単価が同水準をキープしていた場合、所有枚数が増えている分、資産価値は増えている、と言えます。

■TENSETの取引手数料2%がかかるの理由

取引の度に手数料が2%】→1%は燃焼(burn/バーン)され、トークン価値を高めるための施策となりえる。

例)100万円のTENSETトークンを購入した→98万円分のトークンしか確認できない。なんで?
 →1%は燃焼(burn/バーン)、1%が保有者への配当されるため。

取引される度に流通枚数が減る仕組みを採用しているのがTENSETです。
TENSETが燃焼(burn/バーン)される事で希少性が増すことになります。
つまり、TENSETの価格が上がりやすい仕組みである、と言えます。

TENSETが「デフレトークン」の側面を持つとは、このシステムによるものです。

■燃焼(burn/バーン)が続くと発行枚数はどうなる?

燃焼(burn/バーン)は残枚数が210万枚になるまで実施されます。
流通枚数が100分の1になるので、単純に考えると価格が100倍になる可能性を秘めているということです。

BUYBACKについての詳細はこちらのページで解説しています。

TENSET買い戻しにさらに100万ドルのUSDTを割り当てを発表しました!
TENSET公式からバイバックについてコメントがありました!●TENSETの買い戻しについて私たちは、あなたが次の買い戻しについてもっと知りたいと思っていることを知っています、私たちはさらなる詳細を発表させていただ...

TENSET社は今後の事業展開をリブランディングすることで、計画を見直しブラッシュアップする方向性を発表しており、今後何らかの変更がある可能性もあります。公式発表に注視していきましょう。

TENSETを所有する事で報酬を受け取れるので、ガチホ(ガチでホールドするの略称、仮想通貨を長期保有すること)する人が多くなり、売り圧力が減少します。TENSET社も「TENSETは長期プロジェクトである」と明言しているように、ガチホする事のインセンティブとして継続的な報酬を得ることができるようになっています。
※しかもTENSETはステーキング可能で、ウォレットで保有しているだけで配当がもらえます。

TENSETホルダーさんのためのコミュニティが日々盛り上がり、
活発な意見、情報交換が行われているのも、中長期的な視点でTENSETを応援する方が多いから、と言い換えることもできます。

多くのホルダーさんは、TENSETを通じてお困りの点、質問、疑問に優しい対応している場面を多く見ます。上述したような「TENSETの保有者には配当が全員に均等に配られる仕組み」があるため、
同じTENSETを応援する方、ホルダーさんの増加は皆さん大歓迎、ということになります。

■TENSETの最新情報を最も効率よく収集するために

独自の仕組みを多く持つTensetトークンの最新情報はオープンチャットで収集できます。詳しいメンバーが優しく教えてくれます。質問もいつでもOKです。

Update your browser to use Google Drive, Docs, Sheets, Sites, Slides, and Forms - Google Drive Help
To use Google Drive, Docs, Sheets, Sites, Slides, and Forms, you need to use a supported web browser. Learn what a browser is, which browser you use, and how to...
binance
タイトルとURLをコピーしました