【2月22~23日】3分で読めるオプチャまとめ【ステーキング発表とBSC】

TENSET関連ニュース

「TENSET.FUN」では公式ニュース、その解説や重要事項などをお届けする
まとめ記事を日刊でお送りしています。

それでは、2月22日、23日の各種オープンチャットから集めた要点まとめをご覧ください

2月22~23日 Tenset.funオプチャまとめ

EVERDOME ステーキング

2月22日からEverdome公式サイトにて、DOMEトークンをステーキングすることが可能となりました。

TENSET.FUNオープンチャットでは、ステーキングの話題で盛り上がり、一時は公式サイトのサーバーがダウンしてしまうほどのアクセスがあったようです。

ステーキングのロック期間は1週間~52週間と選択することが出来て、預ける期間が長ければ得られるAPR(年間算利回)が増え、ステーキングする人が増えれば全体のAPRは下がるという仕組みです。

ステーキングについての情報は随時、Twitterなどで投稿されているので要チェックです。

また、Everdomeを保有している方は下記の公式サイトからステーキングが可能です!

Everdome • The Digital Frontier's First Hyper-realistic #Metaverse
Everdome aims to create the most hyper-realistic metaverse that will bring brands and people together - all with the intent of building the highest quality web3...

TENSETがBSCにて取引可能に!

これまでは、TENSETを購入するにはETH(イーサリアム)で取引することが可能でしたが、2月22日のKangaexchange(カンガエクスチェンジ)の公式ツイッターにて、TENSETの購入がBSC(バイナンススマートチェーン)で可能になったことが発表されました。

スワップは安全、高速かつ安価で行うことが可能となり取引が簡単になりました。

しかし、その反面でBSCで取引を始めてみようと考える方を狙ったスキャム被害も増えていくことが予測されます。

今回のBSC対応の事前告知の発表の際にTENSET公式からも以下のような注意書きが書かれていました。

英文をまとめると、「多くの詐欺グループがBSC対応を偽りTENSETのフリをしています。発表はまだです。すべての資産を失う可能性があるので公式からの発表を参照してください」と書かれており、ホルダーや新しくTENSETを購入する方に向けて注意を促しています。

SNSでは暗号資産の様々な新着情報を目にしますが、情報の収集や暗号資産の取引きは必ず公式サイトから行うように心掛けてください。

https://www.tenset.io/ja

TENSETの最新情報を最も効率よく収集するために

独自の仕組みを多く持つTensetトークンの最新情報はオープンチャットで収集できます。詳しいメンバーが優しく教えてくれます。質問もいつでもOKです。

binance
タイトルとURLをコピーしました