仮想通貨とは?始めての取引内容は?銘柄や最新のプロジェクトまでを解説

Bitcoin

仮想通貨の歴史とは?

初めて作られた仮想通貨は何か?
それはbitcoin(ビットコイン)です。
bitcoinは認知度も高く、仮想通貨の中で一番取引されています。

開発者は日本人のサトシナカモトという人物であり正体は不明です。
ナカモト氏から論文の発表があったのは2008年11月1日、実際に運用され始めたのは翌年1月3日からでした。 (Wikipediaを参照

PRESIDENT Onlineにてこの様な記事がありました。
初めてbitcoinでの取引が行われたのは、2010年5月11日。
その取引内容は、ピザ2枚とbitcoin1万枚を交換するという内容です。
URL https://president.jp/articles/-/49321

仮想通貨に詳しくない方はピンと来ないと思いますが、2022年3月22日現在のbitcoinチャートは1ビット約500万円です。現在のチャートで換算すると1万bitcoinは日本円で約430億円という莫大な金額になります。
私だったらきっとこう思います、「ピザ2枚を500億で買ったのか…」

1万ビットの当時の為替レートは日本円で3598円でした。


ピザの価格帯は1枚おおよそ2000円程度だとして、まだ認知度も低かったbitcoinを使用して価格帯の同じピザを購入出来るなら注文してしまうに違いないでしょう。

この話は結果論になりますが、仮想通貨は日々価格が変動していくものです。
取引されていないものを何かの取引で使ってみようという気持ちは、
仮想通貨を多くの人々に発信していく上での歴史的な第一歩だったのかもしれません。
今となっては、世界的に認知されている仮想通貨ですが
その始まりはこんな出来事がありました。

仮想通貨の銘柄

CoinMarket Capを参照する限り仮想通貨銘柄は9679種類あります。(2022年3月22日時点)

URL https://coinmarketcap.com/ja/
一つずつご紹介は出来ませんがその中から抜粋してご紹介していきたいと思います。

・Bitcoin(ビットコイン)

bitcoin(ビットコイン)は仮想通貨の中で一番有名なものです。
仮想通貨と言えばbitcoinを思い浮かべる人が多いと思います。

仮想通貨は価格の波がありますがbitcoinは市場価格が一番高く、
日本円で1ビット約500万円のコインです。(2022年3月22日現在)

上述した通り、bitcoinは仮想通貨の始まりとなるものです。
様々な通貨との交換ができ、コインの取引は非常に簡単で、取引内容はブロックチェーンと呼ばれる
技術により記録されています。

誰が、いつ、どこで取引したのか、改ざんされることのない履歴が残るので、セキュリティ面も非常に安心です。

所有者はbitcoinを使って買い物することもできます。家電や食品の購入、ファッション、アクセサリー、美容や車などもbitcoinでの決済が可能です。
都内を中心に店舗での使用も可能なためbitcoinを使ってBarに飲みに行ったり、エステに通うこともできます。

Metaverse(メタバース)

Metaverse(メタバース)は、Meta(超越した)Universe(宇宙)の造語が名前の由来になっているトークンです。

自らのアバターを作成し、仮想空間で家族や友達など他のユーザーと交流が出来ます。
ビジネスの場ではリモート会議や、商業活動、土地の売買も可能です。

メタバースは仮想空間上のサービスですが、実際に現実世界のものを取引することも可能です。
メタバースによるサービス例は、FORTNITE(フォートナイト)や、あつまれどうぶつの森、The sandbox(ザ・サンドボックス)などがあります。

テレビやメディアにも度々取り上げられ、子供から大人まで楽しめるメタバース。

Facebook創設者であるマークザッカーバーグ氏が、社名を「Facebook」改め
「Meta」に変更したことも世間のメタバースへの注目度を高めるきっかけでした。

今後もさらに仮想空間上のサービスが増えていき、メタバースが普及していくことに違いないでしょう。

・TENSET(10SET/テンセット)

TENSET(10SET/テンセット)は仮想通貨と株式市場の架け橋とすることを目的として作られたトークンです。

公式サイトの発表内容によると、TENSET社は立ち上げ時のプロジェクトをリブランディングしていくことを発表しており、今後の動きにますます注目が高まる暗号資産です。

また、TENSETは「TGLP」と呼ばれるプロジェクトを行っており、2022年3月時点で発表されているものは3つあります。

現在公表されているものをひとつずつご紹介していきます。

METAHERO(メタヒーロー)

Metahero(メタヒーロー)はメタバースをよりリアルにしたプロジェクトです。

Sonyと共同開発した最先端の3Dスキャナーによってユーザーを360°撮影し、
仮想空間に超リアルな自分のアバターを作る事ができます。

KANGA EXCHANGE(カンガ エクスチェンジ)

KANGA EXCHANGE(カンガ エクスチェンジ)はメールアドレスのみで口座が作れる仮想通貨取引所です。登録時にKYC(本人確認)が不要となり、誰でもアクセスするための端末と登録用のメールアドレスを用意すれば利用することが可能になります。

KANGA EXCHANGEは銀行のような実店舗が存在するので現金化がすぐに可能で、Posシステム(ステーキング)によって年利と毎日のボーナスが増えていきます。3つのステーブルコイン(価格が安定したコイン)があり通貨の大きな価格変動がないという点でも安心な仮想通貨取引所です。

EVERDOME(エバードーム)

EVERDOME(エバードーム)は、メタヒーローとの協力により作られたプロジェクトで、火星がモチーフとなっています。

また、メタバース同様、エバードーム内で他のユーザーとの関わりを持てるのも特徴です。
さらに、メタヒーローの最先端技術を駆使して、自分のリアルなアバターを使いゲームをしたり、好きなファッションを楽しむこともできます。
EVERDOME内の土地の売買をすることも可能です。

この様に、EVERDOMEは仮想空間ですが、現実世界と同じような事が実現できる画期的なトークンになります。

今回は、仮想通貨の初まりからどんな通貨があるのかをご説明しました!
話始めたらキリがないですが、今後も多くの仮想通貨話をしていきたいと思います。

binance

タイトルとURLをコピーしました