Tenset基礎知識 初心者向けの徹底解説【5分で読める5つの特性】最新版

TENSET

本記事はTensetという独自のデフレトークンの特徴、今後の成長性を中心に徹底解説します。

Tensetトークンに興味を持った方には必見です。こちらの記事では

「TENSETって何?」
「TENSETで収益を得られるのか?」
「TENSETをもっと勉強したい」

という方や、仮想通貨初心者向けの徹底解説の記事となっております。
本記事を読むことでTensetの基礎的な知識、特徴を学ぶことができるようになっています。

Tensetの特徴を一言で例えるとするならば、一番は「デフレトークン」です。
デフレトークンとは、総供給量がどんどん減っていき価値が上がっていく仕組みを持っているトークンの事です。

最初は2億枚あるTensetも最終的に210万枚まで減る予定です。

下記にてデフレトークンの説明、Tensetの特徴をまとめ、Tensetにもっと詳しくなるための5個のポイントにまとめて徹底解説します。

TENSETはGate.ioに上場しています↓

【gate.io】ご登録はこちらから
TENSET.FUNよりgate.io公式サイトから紹介リンクを取得しました。gate.ioへのご登録がまだの方はこちらからご登録できます。ご登録URL:

TensetはDeflation、GEM、Infinity、ETF、Buybackという5つのユニークな特性を兼ね備えたトークンです。

1 Deflation

DeflationとはTensetを取引する事で行われる独自のシステムです。

Tensetの全取引(売買、送金等)は2%の手数料が掛かります。
その手数料のうち1%はバーンされて残りの1%は全ホルダーに還元されます。

例えば100円分のTensetを購入した場合98円分のTensetしかもらえません。

1円はバーンされ残りの1円は全ホルダーに還元されます。この仕組みはいずれなくなると言われておりますが今のところまだあります。(2022年4月18日現在)

TENSETのデフレシステムについての徹底解説ページはこちら

TENSET「デフレ」の徹底解説~初めての方でも安心~
■燃焼(burn/バーン)は大きく2種類・取引の度に手数料が2%かかり、そのうちの1%が燃焼(burn/バーン)・運営による買戻し(Buyback)、購入したTENSETをTENSET社が自ら燃焼(burn/バーン)...

2 GEM

GEMとはTensetトークンを2000枚~5000枚、一年間ロックする事で、1枠の権利を得ることができるローンチパッドの仕組みです。

Tenset社がお墨付きのトークンしか上場しません。

現在までHERO、KNG、DOMEの3つの銘柄が上場しており、大成功を納めています。

Everdomeが上場しているbybitはこちらです↓

【bybit.com】ご登録はこちらから
TENSET.FUNよりbybit.com公式サイトから紹介リンクを取得しました。bybit.comへのご登録がまだの方はこちらからご登録できます。ご登録URL:

長い期間をかけて準備し、上場するためとても安心感のあるトークンを上場価格で買うことができます。

2022年4月7日現在、Tenset Gem Launch Platform(TGLP)の第4のGEMは「Fame MMA」と発表されました。

【4thGEM】FAME MMA(フェイム・エムエムエー)
TENSET 第4のGEM「Fame MMA」どこよりも詳しく解説。FAMEトークンのエコシステム、概要、人気度、将来性、トークンの収益性がよくわかる解説記事。

「GEM」については下記ページにて詳細を解説しています。「Infinity」との違い、ロック方法をご説明しています。

10SETのロックとは?        INFINITY&GEMの参加方法と違いを解説
仮想通貨TENSET infinityとGEMについて徹底解説。特徴、メリット、10setの購入方法から最新チャート情報までを完全解説。この時期でTENSETについての最新知識が身に付きます。TGLP(Tenset Gems Launch Platform)についても詳細を解説しています。

3 Infinity

Infinityとは、Tensetトークンを一定期間ロックする事で100個の銘柄のトークンをエアドロップで受け取れる仕組みです。

今まで40銘柄が毎日エアドロされており、これから60銘柄が加わる予定です。

Infinityが大きな注目を集めているのは、100銘柄の中に大化けする銘柄もあるかもしれないという成長性をホルダーさんが感じているという点が挙げられます。コミュニティを活用して情報を収集して場所としてオープンチャットが利用されています。

4 ETF

ETFの仕組みを Tensetは採用しております。

Tenset社自ら他のトークンに分散投資をしており、とても利益が出てます。
その利益のちにホルダーに還元します。

ホームページで何に投資していてどれくらい利益が出ているのか確認ができるので是非一度ホームページみて下さい。

現在のところ100億円近くの利益があります。

5 Buyback

Buybackとは、Tenset社が分散投資で得た利益を使って、Tenset社自らTensetトークンを買い取り、買い取ったトークンをバーンし総供給を減らす仕組みです。

バイバックは3つの仕組みで今後行われる予定です。

POSシステムバイバックTenset社がKNGトークンをPOSシステムに預けており、毎日POSの報酬を受け取っているためできるシステムです。POSの報酬で受け取ってKNGをTenset/KNGで毎日バイバックを自動で行う仕組みです。これにより一日中ずっとTensetはカンガ取引所で買われています。
手動バイバックシステムTenset社価格を安定させるために行うシステムです。市場が不安だったり価格が下がってきた時にTenset社が手動でバイバックを行う仕組みです。これにより価格を安定させる狙いがあります。
オートバイバックシステム金額と期間をを決めて自動で行われるバイバックの仕組みです。現在はカンガ取引所で約1億4000万円分、パンケーキスワップで約1億円分のバイバックが自動で行われています。合計2億4000万円。パンケーキスワップでは毎時間1BNBずつバイバックが行われておりこれが2500BNB分続きます。

SpecialThanks by💎Meoさん💎

TENSETの最新情報を最も効率よく収集するために

Update your browser to use Google Drive, Docs, Sheets, Sites, Slides, and Forms - Google Drive Help
To use Google Drive, Docs, Sheets, Sites, Slides, and Forms, you need to use a supported web browser. Learn what a browser is, which browser you use, and how to...

TENSET CEO JONASZ氏も参加するオープンチャットで最新情報を収集しませんか?独自の仕組みを多く持つTensetトークンの最新情報はオープンチャットで収集できます。詳しいメンバーが優しく教えてくれます。質問もいつでもOKです。

タイトルとURLをコピーしました