登録はメアドのみ必須!「KANGA EXCHANGE取引所」

ツイート日本語訳

なぜ中国は仮想通貨を禁止するのか? 👀 このトピックの詳細については、ブログ投稿をご覧ください。 ➞ https://kangakantor.pl/en/why-does-china-dislike-cryptocurrencies/


KANGA EXCHANGEから、「中国はなぜ仮想通貨を嫌うのか?」と言った記事が公開されたのでご紹介します。

記事本文

暗号通貨市場は世界中で繁栄していますが、すべての国がそれを受け入れる準備ができているわけではありません。

中国はデジタル資産を可能な限り制限しようとしており、当局は主に仮想通貨のマイニングを禁止することにより、デジタル資産の国内市場をブロックすることに重点を置いています。

さらに、彼らは大手銀行に仮想通貨会社と協力しないよう命じています。

中国は、制限するだけでなく、国内市場から仮想通貨ベースの取引を完全に排除しようとしているようです。

中国当局のレトリックによると、ビットコインやイーサリアムなどのデジタル通貨は合法ではなく、安全な支払い手段として使用することはできません。

それらは認可された法的地位を持たないと考えられており、中国が受け入れられないデータを暗号化する技術に依存しています。

・中国の暗号通貨-中華人民共和国でデジタル通貨と戦う理由

中国人民銀行がすべての暗号通貨取引を禁止したことが2021年に初めて報告されました。

当時、金融犯罪を助長する上での仮想通貨の役割が言及されただけでなく、その投機的な性質のために中国の金融システムへのリスクが高まっていました。

しかし、仮想通貨が禁止されている理由として最も可能性が高いとされているのは、中国からの資本逃避の恐れです。

昨年9月に課された禁止にもかかわらず、中国での暗号通貨を含む取引がここ数ヶ月で増加し始めたことは言及する価値があります。

したがって、当局によって課された制限は、決心したユーザーによって大部分が回避されてきました。

仮想通貨市場への攻撃は、中国当局によるイメージキャンペーンの結果であるという意見も非常に人気がありました。

このようにして、彼らは人々を保護し、暗号通貨詐欺から警告しようとする保護者としてのイメージを永続させたいと考えていました。

ここで言及する価値があるのは、中国市場からデジタル資産を排除する最初の試みが、中華人民共和国の建国記念日の前の2017年に行われたことです…

記事本文はこちらから👇

登録はメアドのみ必須!「KANGA EXCHANGE取引所」

【11月22日】TENSET.FUN日別まとめに戻る

過去記事

TENSET.FUN

TENSETの最新情報を

効率よく収集するために

・TENSETの購入方法

・新GEMの情報収集

・次のセール情報は?

「10SET💎FUN」

オープンチャットで最新情報を収集しませんか?

 

TENSET CEO Jonasz氏も参加する大型コミュニティ!無料、匿名で参加可能!

・10SETトークン

・チャート情報

・GEM

・購入方法

最新情報はオープンチャットで簡単に収集できます。

暗号資産に詳しいメンバーが多数いるので、的確なアドバイスで様々な疑問や悩みが解決できます。

登録リンク

【期間限定】OKX取引手数料30%OFF

日頃からTENSET.FUNのご愛読ありがとうございます。

皆さん登録があり、お陰様でOKX登録リファランクがアフェリエイターへと昇格しました。

これを記念して、期間限定にはなりますが、手数料30%OFFの紹介コードを掲載させて頂きます。

次回も皆さんに向けた特別な企画を考えているので、引き続きTENSET.FUNをよろしくお願いします!