Kanga Universityとは、暗号資産、ブロックチェーンテクノロジー、個人金融などのレッスンが無料で受けられるコンテンツです。

150種類を超えるレッスンが公開されており、レッスンレベルは、初心者、中級者、上級者と三段階の難易度に分類されています。

Kanga Universityでは、「暗号資産とは?」、「BitcoinやEthereumの誕生とその開発者は?」などと初心者の方でも理解しやすいレッスン内容を始め、より暗号資産について知識を深めていきたい方向けの上級者向けレッスンまで幅広いコンテンツが公開されています。

暗号資産取引の有無を問わず、誰でも楽しくレッスンを受けることができます。

本記事では、新たに追加されたレッスン「NFTライセンス料とは?」をご紹介していきます。

登録にはメアドのみ必須」KANGAEXCHANGEへの登録はこちらから

ツイート日本語訳

http://kanga.university に参加して、暗号通貨とブロックチェーンの世界での相互運用性とは何かを学びましょう! ⛓ 毎週、完全に無料で新しいレッスンを追加しています! 🤑 知識は力です。 🧠


レッスン内容

NFTのライセンス料、別名ロイヤルティは、芸術のための持続可能なビジネスモデルの構築に苦労しているアーティストにとって資産です。

NFTロイヤルティの基礎となるスマートコントラクトには、いかなる強制メカニズムやその他の法的責任もありません。

OpenSeaなどの代替不可能なトークンプラットフォームのみがこのテクノロジーにコミットするのであれば、このテクノロジーは優れているように思えます。

実際はどうなのか?そして、ロイヤリティはどのように機能するのか?今日のレッスンではこれらの質問に答えていきます。

ただし、メリットを説明する前に、NFT トークンがどのように機能するかを振り返ってみてください。

NFTライセンス料金 – 定義

NFTトークンとは何か、そしてその仕組みをすでに覚えている場合は、 NFTロイヤルティの定義に焦点を当てます。

NFTライセンス料、別名ロイヤルティは、オリジナルの作成者が作成したデジタル資産の二次販売ごとにその作成者に支払われるものです。 

NFTロイヤルティの支払いルールは、ブロックチェーンネットワーク上のスマートコントラクトにエンコードされ、クリエイターは、すでにNFTを作成する段階で、ロイヤルティの支払いの割合を設定します。

二次販売段階では、スマートコントラクトは、販売のこの特定の割合をロイヤルティとして取引不可能なトークンの作成者に割り当てます。

興味深い事実として、NFTライセンス料に基づく受動的収入の非常に興味深いケースの1つは、Beepleによる「Crossroads」コレクションに関連しています。

二次市場でのコレクションの再販額は660万ドルに達しており、トークンの作成者は、この取引からライセンス料として10%を受け取りました。

したがって、あらゆる種類の芸術作品の収益化に印税がどれだけ貢献しているかがわかります。

NFTロイヤリティはどのように機能するのか?

ブロックチェーンとNFTが発行されるプラットフォームでは、その動作体系が異なり、Ethereumの場合交換不可能なトークンの二次販売からの割合はスマートコントラクトによって決定されます。

一方、Raribleでは、アーティストはすでにNFTを鋳造する段階で、再販率を自分で設定できます。もちろん、ブロックチェーン上のスマートコントラクトも使用します。彼の作品を購入すると、Rariable は自動的に条件を満たします。

各プラットフォームでは支払いスケジュールの詳細が異なることに注意してください。

興味深いことに、そのような条項は結局のところ、訴訟を排除するのに役立つ法的契約を構成するものではありません。

NFT ロイヤルティはどのように機能しますか?

このような印税はアーティストにとって意味を明確にします。すでにご存知の定義によれば、NFTロイヤルティは、特定のNFTの二次売上の割合を指定するスマートコントラクトを使用して機能します。スマートコントラクトは、二次的なNFT販売ごとにその中で定義されたルールを適用するため、プロセス全体を自動化します。

スマートコントラクトはどのように実現するのか?それについては、ここで読むことができます

スマートコントラクトはプロセス全体を処理し、作成者に適切な支払いを提供します。したがって、あらゆる仲介者を排除し、その割合が即座にクリエイターに直接届けられます。

さらに、二次再販者、さらにはアーティスト自身もロイヤリティの支払いプロセスに干渉することはできません。

これらすべてについて覚えておく必要があるのは、ロイヤルティはすべてのNFTに適用されるわけではないということです。

著作権使用料の利益は、作成者がスマートコントラクトで指定した場合に得られます。そうでない場合は、二次販売の割合を当てにするものは何もありません。

取引不可能なトークンのライセンス料は、デジタルコンテンツ、ゲーム内アイテム、収集品、物理的なゲームアクセサリ、および同様の資産に適用されます。

ただし、すべての市場がロイヤリティを受け入れられるわけではなく、それはNFTのアーティストやクリエイターへの敬意ではありますが。

Blueboxなどの新しい市場は、コンテンツ作成に対するまったく新しい革新的なアプローチを特徴としています。簡単に言えば、それらはアーティストにより多くの利益をもたらします。

ライセンス料金はどのように計算と割合は?

NFTのロイヤルティを最大限に活用するには、その仕組みを知る価値があります。良いニュースは、すべてのロイヤルティをオンチェーンで追跡できることです。

NFTの開発者は、スマートコントラクトのレベルでロイヤルティの割合を指定します。では、実際にそのようなパーセンテージの運用をどのように決定すればよいのでしょうか?

前述したように、すべてのプラットフォームでNFTライセンス料金が提供されるわけではありません。ただし、良いニュースは、ますます多くのNFT市場がこのトレンドに参加していることです。実際にはどのように機能しますか?

アーティストの作品を10ETHで購入し、クリエイターはその作品に対して10ETHを受け取りました。同時に、作者がロイヤルティを含めた場合、NFTの二次販売から10%を受け取ります。

作者が作品を高値で販売した場合も同様です。例えば、購入者が特定の芸術作品のオークションを企画し、二次販売で300ETHを獲得したとします。

スマートコントラクトが開始され、この販売時に販売額の10%(30ETH相当)が作成者に留保されます。プロセス全体の終了時に、オリジナルのクリエイターは、その後の作品の販売ごとにロイヤルティを受け取ることになります。

登録にはメアドのみ必須」KANGAEXCHANGEへの登録はこちらから

NFTのロイヤルティと信頼性

NFTロイヤルティの信頼性について、特に規制されていないため、疑問を抱くかもしれません。

一方で、それらはブロックチェーン技術上で定義されていることに注意してください。そしてこれにより、すべての代替不可能なトークントランザクションを文書化するための不変で完全に透明な台帳が提供されます。

重要なのは、各NFTの信頼性と整合性を確保するのに役立つのはブロックチェーンであるということです。スマート コントラクトは、特定の作品にロイヤルティを強制するための完全に自動化されたプロトコルとして機能します。

このような自動支払いは、もちろんオリジナルの作成者に対して行われ、詐欺の恐れを完全に取り除きます。

ライセンス料金を異なるNFTプラットフォーム間で送金することは可能か?

ライセンス料金ポリシーは、プラットフォームとスマート コントラクトの定義によって異なります。したがって、交換不可能なトークンの市場間で自動的に転送される可能性はありません。

さらに、NFT市場のポリシーも異なります。OpenSeaではコレクションに対してのみロイヤルティを受け取り、Raribleでは単一の作品に対してのみロイヤルティを受け取ります。

さらに、OpenSea では最大10%のロイヤルティが認められていますが、Raribleの上限は50%です。

NFTライセンス料は効果的で利益をもたらしますか?

この質問に対する答えは明確ではありません。NFTの開発初期には、クリエイターやアーティストは何百万ものロイヤリティを稼ぐことができました。

現在、多くのプラットフォームがこの傾向に加わりつつあり、これも交換不可能なトークンの販売による収益の減少につながっています。

NFTプロジェクトの多くは、まさに二次市場に存在する状況を理由に閉鎖されました。一方で、DeGodsのような一部のプロジェクトはライセンスオプションを完全に廃止しました。

ただし、個人のクリエイターの場合、これらの流通市場での収益は通常の販売収益を超えています。最後に、重要な点にも注意してください。

ロイヤルティからの収入により、取引不可能なトークンの市場における総取引量が増加する可能性があります。

ライセンス料のメリット

受動的収入。彼らのおかげで、NFTの作成者は自分の仕事から受動的収入を得る事ができます。

その結果、そのようなアーティストは不労所得に基づいて、年を追うごとに収入を徐々に増やすことができます。

NFTロイヤルティは、アーティストの作品が時間の経過とともにどのように価値を高めているかを測定するための優れた指標でもあります。

したがって、ロイヤルティの支払いは、取引不可能なトークンの市場におけるアーティストの評判を高めることになります。

NFTライセンス料の今後

印税を批判する人たちは印税についてかなり否定的です。

彼らによれば、ロイヤルティはユーザーをプラットフォームに留めてエコシステムに参加させるための必死の試みだという。

業界はちょっとした岐路に立たされているようだ。別の方法は、この件に関して別の解決策を見つけることです。ムチとアメを同時に持つことはできません。

まとめ

NFTライセンス料金が何であるかはすでにご存知でしょう。クリエイターはスマートコントラクトで二次市場での売上の割合を指定できます。

彼らにとって興味深い選択肢であると同時に、受動的収入を得る機会でもあります。

一方で、プラットフォームは平等ではなく、各プラットフォームにはNFTライセンス料金に関する独自のポリシーがあることを覚えておく必要があります。

また、すべてのトークンがロイヤルティの対象となるわけではないことも考慮してください。

Kanga UniversityのTOPページはこちらから👇

登録にはメアドのみ必須」KANGAEXCHANGEへの登録はこちらから

過去記事

TENSET.FUN

TENSETの最新情報を

効率よく収集するために

・TENSETの購入方法

・新GEMの情報収集

・次のセール情報は?

「10SET💎FUN」

オープンチャットで最新情報を収集しませんか?

 

TENSET CEO Jonasz氏も参加する大型コミュニティ!無料、匿名で参加可能!

・10SETトークン

・チャート情報

・GEM

・購入方法

最新情報はオープンチャットで簡単に収集できます。

暗号資産に詳しいメンバーが多数いるので、的確なアドバイスで様々な疑問や悩みが解決できます。

登録リンク