1月11日にEVERDOMEから公開された記事、「Everdome Uncovered メタバースとは?」の第2弾が公開されました。

今回の記事では、「メタバースはすでに存在しますか?」と言った題材となっており、前回の記事に引き続きEVERDOME独自の観点から様々な意見が述べられています。

ツイート日本語訳

メタバースは既に存在しますか?🤔

「Everdome Uncovered」シリーズのパート 2 では、#metaverse の未来の可能性を探る中で、いくつかの「プロト メタバース」を見ていきます。🚀

記事全文を見る👉https://everdome.io/news/does-the-metaverse-already-exist-part-one

TheJourneyHasBegun


メタバースはすでに存在するのか?

メタバースは現在も開発段階の途中ではありますが、実際に存在するとEVERDOMEは考えています。

前回の記事では、メタバースの様々な定義、没入感やパーソナルエージェンシー、リアルタイムの双方向性、包括的な機能などを挙げており、非常にポピュラーなプラットフォームやゲームがいくつか存在します。

プロトメタバースとは?

最も有名なプロトメタバースとして、「Second Life」が2003年にローンチしています。

Second Lifeは1990年代後半に開発が行われ、リアルタイムのインタラクティブを可能にし、「Linden Dollar」と呼ばれる暗号資産以前のデジタル通貨が特徴的でした。

次に有名なプロトメタバースとして「Roblox」が挙げられます。

Robloxは、ユーザーエージェンシー、双方向性、Robuxと言われる体験型通貨、特定したコンポーネントの一部が提供されていました。

インタラクティブな体験が可能であり、独自の作品を作成してネイティブな通貨で報酬を得ることができます。Nikeなどの有名ブランドとも提携しており、ユーザーはゲーム内通貨を使用することによって、作品を作成、販売する事ができます。

最も人気があるプロトメタバースとして挙げられるのは、「Fortnite」です。

Fortniteでは、チーム編成をしながらプレイヤー同士バトルを行い、ゲーム内通貨V-Bucksを使用し様々な資産を購入する事ができます。

さらに、人気のあるプロトメタバースとして「Minecraft」が挙げられます。

大部分はオープンソースであり、誰でもアクセスしプレイが可能、ゲーム自体はマイクロソフトによって所有、管理が行われています。

独自のデザインとコンテンツを作成することができ、他のユーザーと簡単に共有することができる新しい体験が構築可能です。

EVERDOMEの目標

EVERDOMEの目標として、ハイパーリアリスティックなアプローチでデジタル体験への没入感を新たなレベルに引き上げることです。

それと同時に、プロトメタバースを、ユーザーがデジタルペルソナを持つことができる複数の体験の真のメタバースである、より広大な仮想世界に進化させる役割を果たします。それは世界間で移動し、実際に存在するものです。

メタバースの考え方にはより古い可能性があり、今後の記事ではメタバースのより古いアイディアにスポットを当てていきます。

記事本文はこちらから👇

https://everdome.io/news/does-the-metaverse-already-exist-part-one

前回の記事はこちらから👇

【1月17日】TENSET.FUN日別まとめに戻る

過去記事

TENSET.FUN

TENSETの最新情報を

効率よく収集するために

・TENSETの購入方法

・新GEMの情報収集

・次のセール情報は?

「10SET💎FUN」

オープンチャットで最新情報を収集しませんか?

 

TENSET CEO Jonasz氏も参加する大型コミュニティ!無料、匿名で参加可能!

・10SETトークン

・チャート情報

・GEM

・購入方法

最新情報はオープンチャットで簡単に収集できます。

暗号資産に詳しいメンバーが多数いるので、的確なアドバイスで様々な疑問や悩みが解決できます。

登録リンク