KANGA EXCHANGE CEOの「Sławek Zawadzki」、「Łukasz Żeligowski」による動画シリーズ「Kwadrans z Kanga 131話」の字幕版が公開されています。

「Kwadrans z Kanga 131話」動画本編では、暗号資産市場やEthereumの話題から入り、Bitcoin、FTX、BINANCE、セルシウスなどについて様々な意見が述べられています。

本記事では、動画後半の視聴者からの質問内容をまとめています。

是非、ご確認ください。

ツイート日本語訳

👉 カザフスタン – 暗号通貨マイニングの世界的リーダー
👉セルシウス監督が訴えられる

これらのトピックは、最近のKwadrans Z Kangaで議論されました。

下記のリンクから視聴できます👇

動画は🇺🇸英語字幕付きです。


「登録にはメアドのみ必須」KANGAEXCHANGEへの登録はこちらから

質問内容抜粋

Q:EthereumをPolygonに転送しています。
BINANCEをスマートチェーンに送ってもいいので、マルチブロックチェーンについて質問です。
それがどのように機能するか説明できますか?

A:マルチブロックチェーン これは私たちがサポートする可能性です。
特定のトークンまたは特定の暗号通貨 (他のブロックチェーンで公式に発行された場合)。
つまり、イーサリアムネットワーク上では、これはもちろん公式に利用可能です。それがメインのトークンだからです。
しかし、Polygonネットワークでは、たとえば、Ethereumによって承認された特別なスマート コントラクトがあり、このコントラクトは、Ethereumネットワーク上の適切なアドレスに入金すると、Polygonネットワーク上でトークンを取得し、自分自身を送信できるように機能します。そこでは、より速く、より安く、大きな問題もなく、イーサリアムをいくつかのブロックチェーンで運用しています。これは明らかにPolygonであり、もちろんBSCであり、メインであり、ネイティブであるため、それらすべてをリストするつもりだと言わざるを得ません。
確かにこれらの3つは、Kangaが非常に急速に開発されており、ここで私にとっては難しいことです…


Q:ロードマップは利用可能になりますか?

私たちはそれについて考えていますが、あなたが書いたように、Kangaでは物事が動的に変化しています。
私たちが行ったことを報告するだけです。
それは、私たちがすべての分野で非常にダイナミックに取り組んでいること、多くのことが起こっていることを示しているからです。
私たちは確かに全体的な目標を持っており、まだどこかで、またはおそらく少数の取引所で利用できないトークンをリストする取引所になりたいと考えています。
そのため、Polygonとは良好な協力関係にあり、Algorandとは良好な協力関係にあり、これらのブロックチェーンを使用するプロジェクトのリストを作成したいと考えています。これは非常に一般的な目的です。
実際、この種の現在起こっていることについての場合、私たちは非常に特殊なスタイルの操作を行っています。
私たちは市場で何が起こるかに非常に迅速に対応します。
例えば、非常に必要とされているブロックチェーンが出現したかどうかはわかりません。
ブロックチェーンが追加されたら、そのように行動します。
私たちは、ユーザーのニーズに答えるため、市場のニーズに積極的に対応したいと考えています。


・シュチェパン・ベンティンが最初にカンガと関係があったのは何ですか?

答えは非常に簡単です。何もありません。
SzczepanがプラットフォームPersonal Tokensを開発していたとき、私たちは一緒に仕事を始めました。
Personal Tokens は当初…Personal Tokens
の交換プラットフォームはもともと Kangaでした。
個人トークン専用のタブがありました。


・Metaheroのステーキングはありますか?

2022年5月に起こったように、私はそう思います。
これまでのところ、Metaheroはそのようなステーキングを開始することを提案していません。
しかし、メタヒーローの誰かがここで私たちを見ているなら、私たちはそれを歓迎します。
いつものように、私たちはコラボレーションのために開いています。
常に、Kangaは分裂ではなく団結します。


・ステーキングのパーセンテージは何に依存しますか。

特にKNG、ALGO、MATIC。それは多くの要因に依存します。
一般的に、どの流動性プラットフォーム、取引所のデータの使用、およびこのステーキングの目的に依存するため、異なる取引所では異なることを知っています。
事実はそれはある方法で、別の方法で出てくるということです。
流動性を提供するプラットフォームがいくつかあるからです。
これらのトークン、まあ、私たちはそれらを使用します。
私たちは、賢く巧みにそれを試みます。
これまでのところ、私たちは非常にうまくやっています。


・KangaのIEO RUMはいつですか?

分からないです。


・カルダノはカンガキューでも利用できますか?

コメントはありませんが、今四半期でも Kanga は大きく変化します。


・kETHをステーキングするために、オートパワー機能を追加できますか?

いいえ、自動パワーは、世界で最も優れた、最も興味深いステーキングであるKNGのユニークな機能であるためです。
これは投資アドバイスではありませんが、意図的にそうしています。


・KNGトークンがERC20にあり、別のブロックチェーンにないのはなぜですか?

KNGトークンが作成されたとき、実質的にそのような賢明なプラットフォームはEthereumだけでした。
現時点では、たとえばアルゴランドに存在するように移行を検討しています。
ここで、アルゴランドの社長は、私たちにもアルゴに来るよう強く求めてきました。

動画本編はこちらから👇

「登録にはメアドのみ必須」KANGAEXCHANGEへの登録はこちらから

【1月12日】TENSET.FUN日別まとめに戻る

過去記事

TENSET.FUN

TENSETの最新情報を

効率よく収集するために

・TENSETの購入方法

・新GEMの情報収集

・次のセール情報は?

「10SET💎FUN」

オープンチャットで最新情報を収集しませんか?

 

TENSET CEO Jonasz氏も参加する大型コミュニティ!無料、匿名で参加可能!

・10SETトークン

・チャート情報

・GEM

・購入方法

最新情報はオープンチャットで簡単に収集できます。

暗号資産に詳しいメンバーが多数いるので、的確なアドバイスで様々な疑問や悩みが解決できます。

登録リンク